初めまして、投資家のみそです!

当ブログの管理人「みそ」のプロフィールページとなっています。

 

このブログでは、

お金の基礎知識だけでなく、投資の考え方や手法

 

を学べ、その結果、

会社だけに頼らず投資でも稼ぐことができる

その結果、地元転職など自分の希望に合った
場所・人間関係にある仕事を選べ、早期リタイアも目指せる

老後におけるお金の不安はなくなる

 

など、

老後お金に困らないというだけでなく、
早期リタイアを目指せるなど自分の人生を変える投資

について、話しています。

 

 

ぼくの実績として、大きなものは以下5つです。

投資としては
個人資産3,000万円突破🎉
配当金や為替利益で年100万円以上の投資収入🎉

そして投資発信としても
読者に支えられ、投資ブログで月100万円突破🎉
投資YouTubeチャンネル1,400人達成🎉
みその投資手法が月刊雑誌(FX.com)に2度掲載🎉

→関連記事
30歳で個人資産2,000万円を達成して思うこと(当時は2,000万突破時です)
FX専門月刊雑誌「FX.com」に2度掲載されました!

⬇️とあるASPの管理画面。下図2つ以外に他にもあります💰

⬇️YouTubeチャンネル📝

 

⬇️FX月刊紙にて取材(FX.com 2020年9月号)

 

投資を始めた当初は

・ただ会社を行き帰りするだけの生活

・お客様のクレーム対応や理不尽な叱責に疲弊

・社内の人間関係のもまれ、人事評価も大きく低下

・全国転勤で地元から離れ、いつまでこの生活をするんだ、という将来への不安

・遠くで暮らす家族の体調の気がかり

 

などなどありましたが、今では投資を始めたことで、

・仕事をしている時でも投資によってお金でお金を稼いでいる状況

・会社員としても自分のやりたい仕事(経理)をすることができた

社内の人間関係がめちゃくちゃ良くて働きやすい

・地元転職して生活環境の改善(しかも給料UP)

気軽に家族に会いに行ける距離で入院している祖父母にも見舞いに行ける

家族の近くにいるために、自分のやりたい仕事をするために、
地元転職をする
こともできました。

まさに仕事もプライベートも両立することができたのです。

 

 

今までは仕事優先でプライベートは優先できていませんでした。

特に気がかりだったのが、母親は、祖父母と病気を持つ父親を一人で支えており、
その母親も今や足が悪くなり、杖をつかなければいけない状態になっていたことです。

しかもぼくは一人っ子。親を見る人は自分しかいません。
いつかは地元に戻りたい、そう思っていました。

 

でも、なかなか地元に戻れなかった。

その理由は会社に人生を決められていたんですよね。

 

名古屋に行け、東京に行け、
会社の指示に従うしかありませんでした。

 

ただ投資を始めることで、
会社員を辞めるという判断はしなかったものの、
仕事内容と場所を選ぶことができ
のです。

 

しかもぼくの年収は当時400〜450万円ほど。
今でも450〜500万円ですが、
30歳で個人資産を3,000万円以上作ることができました

 

 

会社員から卒業したいんだ!
独立したいんだ!

 

もちろん、それを目指すのも良いですが、
いきなり会社を辞めるのではなく、
一歩ずつ自分の生活環境を改善することも重要です。

 

 

このような実績を持っていると、

「みそさんだからできたんでしょ?」
「頭良かったり、才能があったりしたんじゃないですか?」

と言われることもあるのですが、ぼくは今も昔も無名でただの会社員です。

普通に高校、大学と出て、普通の会社員を今もしています。

 

高校の時は部活と塾に大忙し、
大学生活もサークルとバイトのみ。

何か投資につながることをやっていたのか、
と言われるとなにもやっておらず、

才能があったんじゃないかということについては全力で否定します。笑

 

もともと投資を本格的に始めたのは27歳のときで、社会人4年目のときです。

今は30歳となりましたが、いろんな成功や失敗の経験をしました。

 

ぼく自身が、投資で利益を積み重ねるという目標に向かって、進んでいる姿をこのブログで公開し、
正しい投資の知識を身につけ、正しい投資の経験を積めば、
誰にでも自由な生活を手に入れることができるんだ

という再現性を求めて伝えています。

 

とはいっても、これだけだとぼくがどんな人かわからないと思いますので、
ここからは、実際にぼくが歩んできた道を伝えていきますね( ̄^ ̄)ゞ

 

失敗した大学受験と就職活動

今思えば大学受験から失敗の連続でした。

希望する大学には落ちました。
しかも浪人しても落ち、滑り止めの大学に行きました。

1年間勉強だけに費やしましたが、ダメだったんですよね。

 

 

しかもそれだけ勉強を頑張ったのにもかかわらず、
大学はサークルとバイトで楽しく過ごしただけでした。
何のために大学に入ったのか。。。

今思えば、そのときにはすでにネット環境は整いつつあったので、
今始めている投資の情報にアクセスすることもできたはずです。
本当にもったいない過ごし方でした。

 

そして次は就職活動。
内定を得る、という目的だけであれば成功でした。

ただ、その内定先は販売業で全国転勤。

 

ぼくは地元就職がしたかったので、
地元の起業を多く受けました。

地元就職をしたかった理由は、
病気を持つ家族のそばにいたかったため。

 

当時はそこまで母親の足が悪くなく、祖父母と病気を持つ父親を支えることはできましたが、
母親自身も当時から大きな病気を抱えていました。

 

そして年を経るにつれ、母は日に日に衰えていき、一人では祖父母や父親の介護がだんだんとできなくなっていったんですよね。

今ではちょっとした坂道でも、父親が乗っている車椅子を押せなくなっています。

それこそ自分の命をすり減らしながら介護をしているような状況でした。

 

 

家族の近くで働き、いつ何があっても支えられるように準備をする。

そして、30歳頃には結婚をして自分も家族を持つ。

両親、奥さん、子どもみんなで幸せな家庭を作る。

それがぼくが望む幸せの形であり、人生設計を考えていました。

 

 

だからこそ、まず地元での就職が一番の望みでした。

 

 

地元企業で一番有力なのは地方銀行です。

名前もあってそこそこ給料もある。

むしろ地方だと他の企業は給料が低すぎて選べない、ということもあります。

 

地方銀行に受かるために、
信用金庫からメガバンクはもちろんのこと、
面接の練習のためにも合計100社以上のエントリーシートも書きました。

銀行に関しては全ての企業を辞退することなく、
面接に向かい、ガチガチに銀行対策をしました。

 

でも、メガバンクどころか、信用金庫まで落ちるという。。。
金融機関は全滅でした。

つまり、地元企業の就職活動は全滅だったんですよね。

 

全力で就職活動に取り組んだ上での結果だったので、
自分には金融機関は合わなかったんだ、と納得はしましたが、
自分の将来設計が狂ってしまいました

(全力で取り組むことの重要性は以下の記事で説明しています)
関連記事:全力で投資に取り組むから損失出しても後悔しない。そのルーツは就職活動。

 

親は人生の経験になるから
全国転勤でも頑張っておいでと背中を押してくれました。

でも、

「なんで、自分を差し置いて、銀行が第一志望でもない人が受かるんだよ!」

「こんなに銀行対策したのに受からないとか、本当ダメな人間だな...」

「地元から離れないといけないなんて、ホンっと親不孝な息子だよ」

 

 

病気を抱えておりサポートが必要な家族を置いていかなければいけない。

 

「大学受験も就職活動もダメとかマジか......」

 

大学から就職に至って何一つ自分の希望は叶えられていないのです。

 

 

仕事が順調だった名古屋新人時代

とはいえ、実際に仕事が始まると前向きに考えました。

いつまでも塞ぎ込んではダメだと。

 

初めての赴任地は名古屋で、そもそも一人暮らしが初。そして仕事も初。

かなり生活環境が大きく変わりました。

 

 

仕事内容は小売業の販売職なので、基本は販売とクレーム対応。
むしろ、クレーム対応がほとんど

 

「ちょっと組み立てに必要な部品が入ってないけど、どうしてくれるんだ!」

『〇〇様、大変ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。
もちろん、すぐにお渡しさせていただければと思っていたのですが、
ただいま商品の入荷が遅れておりましt』

「いや、そんなの聞いてないから今日持ってこい!!!」

 

 

ただそんな嫌と言われる仕事をしながらも、
最終的に目指していた経理部を目指して、
評価を上げるためにどんな仕事でも全力で取り組んでいました。

休みの日も隠れてお店に行っていたぐらい、仕事に全力でしたね。

 

銀行に就職できなかったけど、
それだけお金にまつわる仕事をしたかった気持ちがあったのです。

 

でも、1年、2年と働いてくると、
聞こえてくるのは会社の内部事情です。

 

「10年は現場だよ」

「優秀な人ほど転職していくね」

「勤務地や職務希望はほとんど意味ないよ」

 

もちろん、中には自分がやりたい仕事を
掴んだ人もいました。

しかし、それは優秀な一握りの人。

 

そのときは

「自分はそんな優秀な人になるんだ!」

と社内資格の取得やセミナーなど出まくっていました。

 

 

名古屋時代は環境にも人にも恵まれ、
大きく成長できたと胸を張って言える
ほどでした。

 

このときは投資になんか全く興味がありませんでした
それだけ順風満帆だったのです。

 

そして、約3年が経ったころ、大阪への異動が告げられます。

この大阪時代でぼくの目の前は真っ暗になるのでした。。。

 

 

人間関係で病んだ大阪時代

次にやってきたのは大阪です。

でも、この大阪で赴任した場所がなかなか癖がありました。

大阪の中でも治安の悪い地域で、
全国ある店舗の中ではワーストに近い店舗での配属です。

 

でも、始めはやる気に満ち溢れていました。
だって、名古屋時代を問題なく過ごせましたからね!

 

。。。と言えるのは初めだけでした。

覚悟していましたが、クレームがすごい。
ちょっとヤバいんじゃないかって思うくらいエグい。笑

 

「今からすぐに持ってこいや、おらあぁぁぁぁあ!!」
と店先で開口一番怒鳴り散らすお客様。

「(物凄い異臭を放ちながら)◎$♪×△¥○&?#$!」
と浮浪者の格好で何を言っているか全くわからないお客様

 

クレーム対応においてお客様の抱えている感情と要望を正しく理解することが重要なのですが、
お客様から一方的に捲し立てられ、まず会話が成り立たない。笑

 

こんな経験もあります。

クレーム対応でお客様宅へ行った時、

(ピンポーン)

(ガチャッ)

「〇〇様、この度は大変申し訳ごz」

「まずは中に入れっっっっ!!!(バンっ!)(自分の家のドアを蹴ってドアを開ける)」

そのまま中に引っ張られ、一時間以上、正座で軟禁されました。

 

軟禁自体も自分の命を狙われるような空気ではなかったのですが、
自分の家のドアを思いっきり蹴り上げる家庭ってどんなところだよ...
って思いましたね。笑

 

トイレに注射針が落ちていると言われるような地域ですから。
これ以上の内容は差し控えますが、ごりごり精神が削られます。

 

どのくらいしんどいかと言うと、
この赴任地を経由した人は出世が早いと言われるぐらいです。

そして、何より女性は絶対赴任されないということ。
どれだけ危険なんだと。笑

 

。。。でも、それ以上にぼくを苦しめたのは
お客様ではなく身近な人でした。

 

クレーム対応もしんどかったです。
それ以上に、上司との関係が合わないのです。
そして、もっとひどいのは上司同士の関係も悪いということ。

 

店長に指示を受けたことをやれば副店長にそれは違うと指摘され、
副店長の指示を受けたことをやれば店長はなぜこんなことをやったんだと怒ってくる。

 

『なんで入り口の売り場変わってるの?』

「副店長から入り口の売り場を季節感あるように変更しろ、と指示を受けて変更しました」

『いや、そんなこと勝手にされたら困るんだけど。早くなおして』

 

『昨日、入り口の売り場変えて、といったやろ。なんで変わってないん?』

「変更しましたが、店長から戻せと言われましたので、戻しました」

『いや、変えとけと言ったやろ』

 

 

「...............そんなことは、そっちで話しとけよ!!!」

「なんで俺が怒られるんだよ!」

「こんな上司のために働いているとか、意味わからんし......」

 

上司同士の仲が悪いからこそ、指示通りやっても褒められず叱られるだけ。

そしてその流れからぼくは店長からも副店長からも嫌われる。

どうしたら良いんだよ。

 

 

何をやっても、最終的には理不尽に叱られる。

クレーム対応もしんどい。

なんでこんなことやっているんだろう。

 

家に帰っても悶々とし、そして時には腹が立ち、
休みの日ですら憎き上司のことを思い時間を無駄にすることもありました。

 

しかもぼくは社員の立場なので、
パートさんからもいろいろ言ってくる。

 

「シフト減らしてって言ったじゃないの!」

「なんであの人ばかり楽な仕事させるの!」

(いや、俺にシフトや仕事を変えさせる権限ないし......)

 

立場が挟まれるんですよね。

 

人間関係のもつれというのは本当にしんどいものだと
改めて思い知りました。

よく人間関係で仕事を辞める、と言いますが、
その気持ちが痛いほどわかります。

 

そして、1年が経つということは人事考課もありました。

 

当たり前ですが、
上司との関係が悪いということは、
人事考課も悪くなります。

年収で言えば前年比50万円以上もダウン
(給料が400万円台のぼくとしてはかなりの痛手ですし、
残業はむしろ年間100時間ほど増えていました)

 

「自分の力が発揮できないな......」

「働く環境って本当に大事なんだな......」

 

このときは
本当にしんどかったです。

良い歳して、親に泣き付きました。

 

「支えたいと思っている親に泣きつくとかどんだけみじめなんだよ......」

「自分は家族で幸せになりたいんじゃなかったのかよ」

「これじゃ、自分も親も不幸じゃんか......」

 

 

休みの日もずっと自己嫌悪。

完全に負のループに陥っていました。

 

辞めたいという気持ちは
日に日に増していきます。

どうしても辞めたい。

毎日会社に行くのがこんなにしんどいのか。

でも今は辞めてはいけない。

 

他に稼ぐ手段がないのか。。。

 

ぼくのスマホの検索履歴には

「副業 おすすめ」
「起業 リスク」
「お金 稼ぐ」

といった言葉が並び始めました。

 

会社員として働く以外に、
稼ぐ手段はないかと探し始めた
のです。

 

そして、人生の転機になる投資に出会いました

 

 

投資で得られた成功と失敗

当時の給料は400万円ほど、個人資産は500万円程度でした。

 

他の人より貯金が多かったですが、これはぼくにお金がかかる趣味がないからです。

酒、タバコ、ギャンブル、車なし。

さらには食にもあまり興味がなく2万円あれば1ヶ月の食費は足ります。

スマホ代とかも安く済ませられるものは安く済ませて月5,000円以内。

だからこそ一人暮らしで家賃を払いながらでも、
年間100万〜150万円ほど貯めていました。

 

 

投資ができる資金はなんとか貯められる。
それじゃ、どんな投資をするか。
それが次の問題でした。

 

調べている中で、投資を始めようと思う人が必ず見かける、
株式投資やFXはもちろん考えました。

でも、株式投資って銘柄を探すのがめちゃくちゃ難しい。
FXは大きく勝てもするが大きく負けることもあるから精神的にしんどい。

 

「いや、仕事をしながらとか無理じゃね?」

 

仕事しながらだと株式銘柄を調べる時間もない。
FXを日中も夜間も触れるほど体力もない。

自動で投資をすることができる手法がないのかと。

 

そこで出会ったのがこのブログでも取り上げている
ループイフダンというFXの自動売買でした。

当時は今ほど有名な投資手法ではなかったのですが、
本業をやりながらでも、それほど手のかからない投資、
かつ利益を大きく狙える投資手法だったんですよね。

 

 

自分が行う投資は決めた。

どんな設定方法が良いのか、どんな考え方で運用すれば良いのか、
ブログやTwitter、書籍を購入して研究しまくった。

.........ただ、やっぱり投資は怖い。

 

「投資に失敗してお金は失いたくないな......」

「どのくらいの資金が投資には必要なんだろう」

「投資の本は何冊かかったけど、これで知識は大丈夫なのかな......」

「これだけ貯金ができているんだったら、投資やらなくていいなかな」

 

でも、投資を始めなければ、今の生活は変えられない

 

投資に対する恐怖はもちろんかなりありました。
でも、何よりもこのまま働き続けることの恐怖の方が大きかったのです。

 

 

実際に投資を始めるにあたり、
資金は30万円から始めました。

そのあとは投資になれるのと同時に資金を増やし、
資金は200万円まで増やしました。

その結果、当時の年利は20%を超えることができました。
約1年半で投資200万→280万円まで増やせましたね

 

 

始めこそ、数百円の損失でも、

「うわあぁあぁぁ、損でたああぁぁぁ( ´Д`)」

と思っていましたが、これも経験。

経験を積むにつれ、利益の方が大きくなっていきました。

 

 

「別に投資って思ったよりも気軽にできるんだな」

「ギャンブルみたいな投資をしなければ全然怖くないね」

「むしろ、投資やっていない人は老後の生活の方が怖いだろ」

 

投資に対する考え方が大きく変わっていきました。

 

その後自分の資金管理の甘さから、大損を経験してしまったんですけどね。笑

関連記事:【損失250万円以上】2019年1月3日ループイフダン豪ドル円ロスカットになりました。

 

さすがに大損した朝は、

「マジかーーー!!!((((;゚Д゚)))))))」

って感じでしたが、
今思えば自分の投資手法を見直すきっかけにもなりましたし、
この大損も良い経験になりました。

投資で成果を出し続けていると天狗になりますからね。

 

 

「1つの投資だけにこだわっているのは危険すぎる!」

 

このループイフダンという投資だけでは投資生活は叶えられない。
様々な投資にリスク分散をしなければいけない。

そう思い、数多くの投資に手を出すようになりました。

 

ぼくの場合、今の投資スタイルにたどり着くまでに、

有名な投資手法であれば
つみたてNISA
・日米株
・高配当投資(個別株ETF
・FX

ちょっとマニアックになれば
ループイフダン
トライオートETF
イギリス100
・仮想通貨
VIX

などなど、10以上の投資手法を扱いました。

 

その中でももちろん成功も失敗もしています。

ぼくが行ってきた投資はブログにも記載していますし、
投資の考え方はみそのお金メルマガで伝えています。

 

 

今振り返っても情けない失敗もしているなーって思います。

 

短期トレードにも挑戦しましたが、
仕事にも精神的にも悪影響を与えましたし。

関連記事:裁量トレードも短期トレードもムリ!また損したぁぁーー!!!

 

でも、これだけ成功と失敗を繰り返したからこそ、
今の投資スタイルにたどり着くことができたとも考えています。

 

現状では年間で約100万円ほどの投資利益があり、
生活に余裕が生まれるほどになっています。

 

投資を実際にする、気になった投資もとりあえずやってみる。

挑戦したからこそ、
自分に合う投資手法を見つけることができました。

今は短期トレードで疲弊することもないので、
心地よく毎日過ごせていますね。

 

 

経験談:投資の経験は人生も価値観も変える

今は高配当投資による配当金と
ループイフダン(FXの自動売買)による利益を
中心にこつこつ毎年100万円以上積み重ねています

関連記事:みその配当金推移/保有株リスト
関連記事:ループイフダン運用週間実績ブログ報告

 

投資で安定的に利益を出すことができ、
会社員だけに縛られなくなったことから、
地元転職を2020年にしました。

 

もちろん、今後も給料からの投資、
また投資利益の再投資も行いますので、
雪だるまのように増え続けます。

 

なぜ独立せずに地元転職を選んだのかというと、
年100万程度の投資利益だけでは生活できないからです。

 

ただそれでもぼくの価値観は大きく変えました。

結果として、投資を始めたことで会社に全て頼らなくても
個人でも稼ぐことができるという自信つながった
んですよね。

だから地元転職も決断することができました。

 

 

祖母の体調が悪くなり入院した、という家庭事情もが重なったこともあります。

全国転勤で働いている中、いつまで経っても会社に振り回され続けるのか。

会社員であれば家族の近くで住むことすらも許されないのか。

 

会社員としての生活もプライベートとしての生活もどちらも満足できなかった。

でも昔とは異なり、今は投資で稼ぐことができている。

だったら、自分の生活を優先しよう。

そういう決断をして、家族のいる地元へUターン転職したのです。

 

 

実際に今は家族のそばに住むことができ、
祖父母であっても両親であっても、
何かあればタクシーで飛ばして行ける距離にいます。

 

母親も地元に戻ってきてくれて安心したって、
胸の内も明かしてくれましたね。

ぼくのことを考えて、就職した時には頑張っておいで、と言ってくれましたが、
やっぱり当時も不安の気持ちはあったようです。

 

今では少し連休ができれば一緒に小旅行するようにしています。

最近はコロナのこともあるので、嵐山や伊勢神宮、奈良公園など近場を中心にお出かけしました。

このような親孝行ができるようになったのも投資を始めたおかげですね。

 

 

会社においても自分のやりたい経理職につきました。

やっと新入社員の時からやりたかった仕事を本格的に挑戦できます

これも投資を始めたおかげです。

 

 

すべては投資を始めたからです。

投資をしなければ転職もしなかった。

家族と再び近くで生活できたり、働く環境も改善できなかったりしたでしょう。

 

 

投資は会社からしかお金をもらえない、
という価値観を良い意味で崩壊させてくれました

 

これまでの投資を継続できたのは、
人間関係の悪さに対する負のエネルギーが原動力でした。

でも、だんだんと投資そのものが楽しくなってきたんですよね。
実際に収益を得られた経験も大きいと思います。

 

少なからず、ここまで収入を膨らませることができたのは、
実績が出なくても全力で走り抜けた、
そして「とりあえず、やってみた」
からです。

 

 

別に学生時代に大きな成果、
努力をしていなくても、今から頑張れば間に合います。

ぼくは大学受験も就活も失敗していて、
投資は社会人4年目の27歳から始めましたからね。

 

 

脱サラできた、資産1億円稼いだ、とか輝かしい実績を持っている人もいますが、
こつこつ投資を続けることにより、
仕事や居住地を選ぶことができた(=地元転職)ことでも十分な結果
ですよね。

 

人間関係に悩んだ大阪時代に、
勇気を持って1歩を踏み出していなければ、
今の自分はありません。

 

おそらく今もどこかで人間関係とクレーム対応に
悩まされながら会社に縛られているでしょう。

 

「今日もまた仕事か。。。」

「いつまでこんな仕事をしているんだろう」

「将来もこの仕事続けられるのかな」

 

ぼくにはそんな心配はもうありません。

会社員をしながら投資をし続けて、
投資利益が生活費を超えたタイミングでセミリタイアも可能です。

 

セミリタイアしなくても投資利益は毎年増え続けるので、
多少給料が減ってでも自分の過ごしやい企業に転職すれば良いだけです。

 

人生の選択肢は"ぼく"にあります。

会社にぼくの人生は決めさせません。

 

人間関係の悩みから始まった投資。

本当に出会って人生が変わりました。

収益を上げることを実際に経験し、
自分の人生に選択肢を持てるようになりました

 

いつまでも会社に自分の未来を決められたくないですよね。

あなたの人生はあなたのものです。
未来は自分で決められるのです。

 

そのためには、必ず行動をしなければいけません。

ぼくのように「とりあえず、やってみよう」と軽い気持ちで始めても良いと思います。

それで人生が変わるかもしれませんから。

本当に心から思います。

関連記事:「とりあえず、やってみる」投資が人生を変えた。

 

自分の人生は自分で決めよう。投資の情報を発信する理由とは。

自分の人生は自分で決められる。

当たり前のようで、この当たり前のことができていない人が多いです。

いわゆる会社に縛られている人ですね。

 

投資は誰にでもできます。

「とりあえず、やってみよう」

その気持ちがあれば、ぼくのように未来を変えることはできます。

 

ぼくも始め何も知らない状態から始めました。

そもそも投資って怪しいと思ってましたからね。笑

でも、その思い込みを否定し、とりあえずやってみたら結果がついてきました

 

 

あなたは今好きなことを思いっきり楽しめていますか?

仕事に振り回される日々を送っていませんか?

今自分は幸せだと思いますか?

 

 

ここまでぼくの文章を読んでくださっている方は、
家族や友人、上司や後輩、会社のために
「自分の人生」
を犠牲にして頑張っているのだと思います。

 

でも、我慢している人生は決して幸せになれないんです。

 

今の仕事をやりたくないと思っている、
嫌な人間関係に振り回されている、
その時点で、幸せって言えないんです。

 

誰かを幸せにするためには、まず自分が幸せにならなければならない。

そして仕事をする最終的な目的は給料、つまりお金です。

そのために必要なのは会社に縛られることなく、働き方を変えることなのです。

自分がかむしゃらに働いているだけでは幸せに慣れません。

 

投資はお金がお金を稼いでくれます

投資でお金を稼ぐことができるのであれば、
仕事をする目的であるお金も手に入ります。

 

投資であれば、

働いている時でも、
場所にも縛られることなく、

人間関係に悩まされることなく、
稼ぐことができます。

 

 

もちろん、始めは失敗してしまうこともあるでしょう。

でも、それは会社員も同じですよね。

1年で立派な会社員になれるかと言えば、なれないです。

研修期間を経て、実際に働いて、経験を積んで立派な会社員となります。

 

始めは不安なのはよくわかります。

投資?そんなのギャンブルじゃん。そう言う人もいます。

でも正しい投資の知識をつければ、
誰にでも投資でお金を稼ぐことができる
のです。

 

周りを見てください。

投資をやろう、
そんな人は意外と少ないです。

投資という言葉を知っている、
でもやっていないんです。

ぼくもリアルの友人で、
投資をやっている人はいません。

 

行動するだけで、自分の人生の可能性は無限に広がるのです。

ぼくのように転職という選択肢を増やせるかもしれません。

人によっては会社から脱出できるようになるでしょう。

 

やってみようかな、と思っている時点で、
あなたは周りの人よりも先に進んでいます

 

そして、ぜひやってみてください

 

ここまで読んでくださった、あなたであれば資質があります。

あとは行動するだけです。

 

 

今コロナによって、世界中で働き方が大きく変化してきています。

あのトヨタが終身雇用は難しい、と会見で発表しました。

あの三大銀行であるみずほが副業を推進しています。

飲食業やレジャー業界は大きな打撃を受けたまま、回復の目処が立っていません。

 

ちょっと前だったら考えられないことが起きています。

 

世界が変化する中で、今と同じ労働環境に身を置いているだけでは、
良くなる未来がぼくには見えません。

 

自分の人生は、自分のためのものです。

 

もちろん、何も知識がない状態で投資を始めるのはリスクが大きいので、
始めはいろんな人のブログ見たり、書籍を買って学ぶ必要もあると思います。

 

ぼくも何も知らない状態で投資を始めたのではなく、
いろんな人のブログを読んだり、
必要であれば書籍やセミナー、コンサルなど知識にも投資することで、
投資に関する必要な知識を叩き込みました。

 

人間関係に悩み、仕事を辞めたい、と泣き叫んでいた
ただの会社員であるぼくでも行動したら結果を出せたのです。

 

このブログでもぼくが経験した投資手法や考え方を伝えていますが、

メルマガではブログよりも濃い情報をお伝えしています

・貯金だけではお金の不安がなくならない理由
・一生お金に悩まされる貧乏思考
・老後2,000万円問題の解決手法

などブログでは書ききれない情報や裏話をお届けしています。

 

過去のぼくのように会社で苦しんでいる、
生き方に迷ってしまっている、
そんな人を救いたい。

 

あとは、あなたの「やってみる」という行動だけですよ。

 

もちろん「メルマガに登録する」というのも1つの行動です。

メルマガそのものは無料ですし、ポチッと押してみてください。

あなたの「とりあえず、やってみよう」をお待ちしております^ ^

【↓電子書籍を無料で読んでみる↓】

老後2,000万円問題、定年の延長、副業の解禁、週休3日制の普及...
すべてはお金の問題で根底はつながっています。

しかし、貯金をしているだけでは、老後のために2,000万円を作るのは簡単ではありません。

その間に物価は緩やかに上昇していき、給料はじわじわ減ってきています。

 

最初こそ、会社員としての生活に何も疑問を感じていませんでしたが、

・頑張っても頑張らなくても給料は変わらない
・人間関係で評価が落とされる
・全国転勤で自分の人生が決められない

会社員としての給料だけではお金の不安はなくなりません。

 

このメルマガでは、

・貯金だけではお金の不安がなくならない理由
・一生お金に悩まされる貧乏思考
・老後2,000万円問題の解決手法

などブログでは書ききれない情報や裏話をお届けしています。

また、今だけ電子書籍を無料でプレゼントしています。
お金の不安を吹き飛ばしたい人は、受け取ってください。

→電子書籍を無料で読んでみる

すぐに登録したい人はこちらから登録できますよ!

※icloud、携帯アドレスはエラーとなり特典を受け取ることができませんので、ご注意ください。
※登録して3分以内にメールが届いてない場合は迷惑メールBOXに入っている可能性がありますのでご確認ください。
※配信不要な場合、いつでも解除できます。

 

© 2021 みその資産運用教室 Powered by AFFINGER5