【図解】GMOクリック証券口座開設・登録方法【米国VI・米国VIブル・米国VIベア】

\先生もGMOクリック証券で米国VIベアETF愛用中!/GMOクリック証券CFD

 

米国VI・米国VIブル・米国VIベア(GMOクリック証券)の口座開設の方法を写真とともに説明していますので、とてもわかりやすくなっています。ぜひ、口座登録前の確認をしてみてください。

みく
米国VI・米国VIブル・米国VIベア始めてみたいけれど、口座開設って何をすればよいのだろう?
必要なものとかあるのかな?
そうた
口座開設の手順を実際の画面とともに説明していきますね!

実際に米国VI・米国VIブル・米国VIベア(GMOクリック証券)の口座開設をしようと思っても、何が必要なのか、何を聞かれるのか不安に思ったことはありませんか?

GMOクリック証券公式HPの手順通りに進めるだけですが、口座開設の手順をあらかじめ知っておけばスムーズに進めることはできますよね。

この記事では実際の登録画面とともに口座開設の手順をお伝えします。
(※多少の質問項目や画面は本記事執筆時より変わっている可能性もあります)

この記事でわかること


口座開設・登録手順を画像付きで確認できる
どんな質問事項があるのか把握できる
口座開設に必要なものがわかる
→本人確認書類「写真付マイナンバーカード」か「免許証or保険証」が必要

本人確認書類「写真付マイナンバーカード」か「免許証or保険証」が必要になりますので、用意しておきましょう。

口座開設には必要ですし、途中で探し始めるのは面倒ですよ。

本人確認書類はスマホからもアップロード提出できるので、パソコンではなくタブレットやスマホで本人確認書類を写真で撮るのも簡単ですよ。

 

用意できましたか?それでは、まず下の公式HPに進みましょう(下のバナー・リンクから公式HPへ移動できます)

\先生もGMOクリック証券で米国VIベアETF愛用中!/GMOクリック証券CFD

 

トップページで確認すること

みく
まずは米国VI・米国VIブル・米国VIベア(GMOクリック証券)のホームページにアクセスしようね。

繰り返しますが、こちらから米国VI・米国VIブル・米国VIベア(GMOクリック証券)HPにアクセスし、「公式サイトを表示」をタップしましょう。

→GMOクリック証券にアクセスする

次に「口座開設(無料)はこちらから)」をタップしましょう。

トップページですることは、これで終わりです。

次の画面で口座開設に伴う契約内容を確認・入力します。

\先生もGMOクリック証券で米国VIベアETF愛用中!/GMOクリック証券CFD

 

【簡単まとめ】口座開設で聞かれること

そうた
そんなに内容は難しくないよ!

実はこのページで入力することは全てです。先に入力することをリストアップしてから、それぞれの内容を見ていきますね。

確認する・入力する内容まとめ


口座開設に伴う各種書類の同意
氏名・生年月日・住所・連絡先・職業の入力
年収・自己資産・投資経験の有無の入力
申し込みのきっかけ・投資目的を選択

たったこれだけです。しかも記入式よりも選択式が多いので、思いの外時間はかからないですね。

それでは始めていきましょう。

\先生もGMOクリック証券で米国VIベアETF愛用中!/GMOクリック証券CFD

 

口座開設に伴う契約内容を確認し、必要事項を入力する

→GMOクリック証券HPにアクセスする

まずはアナタの基本情報を入力します。氏名・性別・生年月日・住所・電話番号・メールアドレスを入力しましょう。

次は米国市民・米国居住者であるかどうかを確認します。

ほとんどの方は米国市民・米国居住者ではないと思いますが、税金に関して重要な項目になるので、もし米国市民・米国居住者の権利を持っている方は注意をしましょう。

また外国の重要な公人というのは外国PEPsに該当する人が身近にいるかどうか、ということです。

外国PEPsとは何?と思いますが、簡単に言えば、身内に外国政府に携わる方はいますか? ということです。

こちらもほとんどの方が該当しないとは思いますが、外国PEPsとは?という説明も画像で確認しておきましょう。

次に職種を選択しましょう。選択すると「勤務先名・電話番号・住所」の記入が必要になります。

会社に連絡が来るのではないか、と不安になるかもしれませんが、基本的に連絡は来ないので大丈夫です。

先生は10以上の証券口座を持っていますが、どこからも連絡が来たことはありませんね。

次は世帯主情報を選択します。

次は特定口座を開設するかを選択します。

簡単に言えば、自分で確定申告する人は不要、それ以外の人は開設しましょう。ただ利用者の条件によっては必要になることもあると思うので、念の為説明文も参考にしてください。

次にインサイダー情報を入力します。

上場会社に勤務している人は必ず入力しておきましょう。

このページ最後にはGMOあおぞらネット銀行にも同時申し込みをするかどうかを選択します。

もし不要であれば、チェックを外しておきましょう。

一度ここまで記入したら「次の画面へ」をタップして、これまでの記入した箇所に過不足がないかを確認しましょう。

必須項目が入力できていなければ、タップしても先に進めませんよ。

 

さて、次のページに来ました。

まず同時に申し込む取引口座を選択しましょう。基本的に全部チェックしても良いですが、後からでも追加申請ができるので、そこまで真剣に考えなくても大丈夫です。

ここでは全部チェックしたとして説明していきます。

ちなみにこのチェックの一番下「CFD取引口座も一緒に申し込む」のチェックがないと米国VI・米国VIブル・米国VIベア(株価指数CFD)を運用できないので、誤ってチェックを外さないようにしましょうね。

繰り返しますが、チェックの一番下「CFD取引口座も一緒に申し込む」のチェックがありますか? ないと米国VI・米国VIブル・米国VIベア(株価指数CFD)を運用できないですよ。 大丈夫であれば次に進みましょう。

次に投資に関する質問に答えましょう。質問内容にもありますが、投資を行う際には基本的には余裕資金、かつ長期的な運用をしましょうね。

 

次にアナタの財務情報(年収や金融資産)や取引経験のある投資をタップ・入力しましょう。

証券会社としてはどのくらいの資金を持っている人がGMOクリック証券に興味を示しているかを確認したい、ということが目的だと思います。

少し見栄を張って一つ上のランクを選ぶのも個人的にはアリだと思いますが、もちろん自己責任でお願いします。笑

 

次にGMOクリック証券からのメールやDMを希望するかをチェックします。

これも不要であれば希望しないをチェックしましょう。後から変更できるので、基本的には不要にしておいて良いと思います。

 

ここでは口座開設に伴う同意書の確認およびチェックになり、全てチェックしないと先に進みません。

簡単に内容をまとめると、同意書を読んで投資のリスクがわかったよ、個人情報が変わったらすぐに変更するよ、など当たり前のことが書かれていますので、サクッと読んでチェックをしましょう。

このページはこれで終わりです。

「入力内容確認のページへ」をタップして、チェックが漏れていないか、入力の過不足がないかを確認して進みましょう。

 

次のページではこれまで入力した、チェックしたものを確認する画面です。

住所など誤りがなければ「同時申込手続きへ進む」をタップしましょう。

 

それでは同時申込手続きした分の項目をチェックしていきましょう。

ここからは同時申込をした分のみしか表示されないため、気になる箇所のみ参考にしてくださいね。

まずはFX・くりっく株365・CFD口座の追加開設手順を見ていきます。

こちらも、全てチェックしないと先に進みません。

ただ意外と知らないこともあると思うので、目は通しておきましょう。わからないことは口座開設申し込み後にでも必ず調べましょうね。

全て「はい」のチェックをつけた後は、「次の画面へ」をチェックしましょう。

 

次は外為オプション口座の追加開設手順を見ていきます。

こちらも、全てチェックしないと先に進みません。

同じように、目は通しておきましょう。

ただ外為オプション口座に関してはクイズがあります。

面倒だと思うかもしれませんが、為替やCFDなどとは仕組みが異なり、理解していなければ大きな損失につながることばかりであるため、ここはしっかり確認しておきましょう。

全てチェックをつけることができたら、「この内容で申し込む」をタップしましょう。

この後、本人確認書類など必要な書類をアップロードします。ちなみにこの画面を進むとアップロード画面にも進んでいきますよ。

ちなみにクイズの答え合わせもできるので、一緒に確認しておきましょう。

一旦お疲れ様でした(^ ^)

\先生もGMOクリック証券で米国VIベアETF愛用中!/GMOクリック証券CFD

 

本人確認書類を「アップロード・郵送」で提出する

みく
次は本人確認書類の提出だね!

先ほど口座申し込みをした画面から、本人確認書類はアップロードできます。

郵送もできますが、時間がかかりますし、何より間違ったところに送ってしまうと、個人情報が流出してしまうので、アップロードがおすすめです。

 

本人確認書類を「アップロード」する

まず本人確認書類の条件を見てみましょう。

個人番号カード(写真付きのマイナンバーカード)、もしくは「運転免許証や保険証」が必要です。

イメージがつかない人は以下の画像を見てくださいね。

この時点で個人番号カードを提出していれば、改めてマイナンバーを提出する必要はありません。

もしこの時点で用意できていないのであれば、申し込み後、受付通知メールに記載のアップロードURLにアクセスいただき、対象となる本人確認書類・マイナンバーの画像をアップロードしましょう

 

私の場合はGMOクリック証券の口座開設をしたのはかなり前で、マイナンバーがまだ必要でなかったため、「運転免許証」を用意しました。後日マイナンバーは登録しましたね。

送付方法に関しては、繰り返しますが「アップロード」をおすすめします。

誤ったところに送ってしまうと、個人情報が漏れてしまいますし、何より時間がかかります。

アップロードであれば、申し画面からそのままアップロードできるので、間違えることも時間がかかることもないです。

 

こちらで、登録は以上になります!

大変お疲れ様でした!

\先生もGMOクリック証券で米国VIベアETF愛用中!/GMOクリック証券CFD

 

本人確認書類提出後はどうすればいい?

ユーザーID・パスワード等が記載された「口座開設手続完了のご案内」を簡易書留郵便(転送不可)で送られてくるので、受け取ったらGMOクリック証券HPから「Myページ」にログインします。

この簡易郵便が届くのを持って、第一歩目の登録は終了です。

 

口座を開設しないと何も始まらないです。まだの人はいつでも取引ができるように口座開設だけでもしておきましょう。

「口座開設完了のご案内」が簡易郵便で届くまでは、こちらの記事を見て、どのように運用していくか考えておきましょう。

【初心者向け】米国VIベアETF(SVXY)の買い方を徹底解説!積立ではなく売買による決済利益を狙う

資金200万円で米国VIベアETF(SVXY)を運用している先生が「積立ではなく売買による決済利益」 ...

続きを見る

 

そうた
最後まで読んでくれてありがとう!
口座開設のやり方もわかったし、あとは実際に無料申し込みをするだけだね!

口座開設はもう済みましたか? まだであればパパッと済ませてしまいましょう。いざ米国VI・米国VIブル・米国VIベアを始めようとしても口座開設には最低でも数日かかってしまします。無料申し込みは数分で終わるので簡単ですよ(^ ^)

\先生もGMOクリック証券で米国VIベアETF愛用中!/GMOクリック証券CFD

 

GMOクリック証券:米国VIベアに関する記事はこちらから

そうた
①から順番に読んでいくと米国VIベアETF(SVXY)の理解がしやすいよ!

①米国VIベアETF(SVXY)について学ぶ
【メリット・デメリット】米国VIベアETF(SVXY)とは? 米国VIブルETF(UVXY)や米国VIとの違いをチャートから読み取ろう
②米国VIベアETF(SVXY)の設定の考え方を学ぶ
【初心者向け】米国VIベアETF(SVXY)の買い方を徹底解説!積立ではなく売買による決済利益を狙う
③米国VIベアETF(SVXY)の無料口座開設をする
【図解】GMOクリック証券口座開設・登録方法【米国VI・米国VIブル・米国VIベア】
④米国VIベアETF(SVXY)の注文方法や口座管理画面を確認する
【図解】GMOクリック証券米国VI・米国VIブル・米国VIベア注文方法・取引画面や口座情報用語をわかりやすく説明!
⑤先生の運用実績を確認する
米国VIベア運用週間実績ブログ報告

\先生もGMOクリック証券で米国VIベアETF愛用中!/GMOクリック証券CFD

 

© 2020 みその資産運用教室 Powered by AFFINGER5