【4%ルール】セミリタイアを目指すためにはいくら必要と考えるか?

 

誰もが目指したいと思うセミリタイア。

でも、セミリタイアに振り切れないのはお金の心配があるからですよね。

 

でもセミリタイアと聞くと、

 

「仕事辞めたいーーー!!でもお金も必要だからムリ!!!」

 

絶対こう思うはず。

 

何度も思いましたよ。

ぼくの場合、1年にどれだけ努力して貯めても150万円が限度です。

一人暮らし、給料450〜500万円ぐらいなので、平均年収に毛が生えたぐらいです。

 

だから、ぼくはこれまでセミリタイアを半分諦めていました。

でも、「4%ルール」の考え方を知ると、もっと簡単にセミリタイアできるのでは? と思ったんですよね。

 

そもそもぼくが考えているのは完全なリタイアではなく、「セミ」リタイアです。

何かしら労働はする予定です。

 

いったいどのくらいのお金を貯めることができたらセミリタイアできるのか。

漠然と思っているだけではセミリタイアできないですよ。

 

今回は資産運用でセミリタイアを目指す上で有名な4%ルールについてお話ししたいと思います。

 

 

4%ルールとは

「4%ルール」とは、年間支出の25倍の資産を築けば、年利4%の運用益で生活費をまかなえるという考え方です。

最近セミリタイアという言葉を良く聞くようになったのと同時に、この4%ルールも広まってきましたね。

 

年間支出が仮に200万円なら、5,000万円の資産を築いて年利4%で運用すれば、理論上は資産を維持したまま生活できるという考え方になります。

この4%という数字は、アメリカで有名なS&P500の成長率が7%、またアメリカのインフレ率3%を差し引いて計算されています。

もちろん、コロナの時のように毎年必ず成長するというわけではありませんが、平均して成長率が7%あることは歴史が証明していますね。

 

もちろん、これはアメリカ市場での考え方です。

日本のインフレ率は、目標を2%と設定されていますが、思うように上昇せず1%に満たない状況が続いています。

つまり「4%ルール」を日本版に置き換えるなら、アメリカほどインフレ率を考慮する必要がないため、「5%ルール」と考えても良いですね。

5%の運用益が期待できるとなれば、「年間支出の20倍の資産」を築けば、セミリタイアしても生活が成り立つということになります。

 

必要な生活資金を考える

まずは必要な資金を考えましょう。

4%ルールを考える上で、自分の生活費がわからなければ、どのくらいの資産が必要なのかもわかりません

 

この生活費部分ですが、これは生き方や家族構成などによって変わります。

 

もし年間300万円必要なのであれば、7,500万円必要です。

もし年間200万円必要なのであれば、5,000万円必要です。

もし年間100万円必要なのであれば、2,500万円必要です。

 

当たり前ですが、必要な生活費が少ないほど資金も少なくて済みますね。

 

もう少し具体的に考えてみましょう。

もし独り身で実家があるのであれば、年間100万円でも生活することはできます

質素な生活かも知れませんが、もともと贅沢をしない人であれば100万円あれば十分ですね。

 

300万円必要というのであれば、7,500万円必要になり、少し道のりは遠いかも知れません。

500万円必要というのであれば、1億2,500万円必要になり、セミリタイアできるのは定年間近になってしまうかも知れません。

 

今どのくらいの生活費があれば問題ないのか。

結婚する気がないのか、結婚して子供も欲しいのか。

自分の人生スケジュールも考えた上で、どのくらいの生活費かをまず考える必要があります。

 

 

セミリタイア後、どれだけ労働するかも考える

もちろん、今回は「セミリタイア」を目指すので、ある程度の労働はするはずです。

もし全く労働しないのであれば、完全な「リタイア」なので、ちょっと違いますよね。

 

もし今資産が2,500万円あり、必要生活費が200万円だとします。

年間100万円稼げる程度働くのであれば、もうセミリタイアできますね。

 

逆に今1億円あっても、生活費が800万円必要なのであれば、年間400万円分働かないといけないので、セミリタイアするわけにはいきません。

 

セミリタイアというのは、完全に労働から離れたリタイアとは異なり、副業であれアルバイトであれ、何かしらの労働はします。

ただ会社員としての生活とは異なり、稼ぐのに必要なお金は少なくて済むので、自分の好きな仕事を選ぶことができる、ということが強みです。

 

ぼくはこのセミリタイア後の労働、ということを考えていなかったんですよね。

セミリタイア後も年間100万円分労働で稼ぐのであれば、必要資金は2,500万円少なくて済みます。

 

生活費が200万円しか掛からないのであれば、100万円分配当金、100万円分労働で足ります。

つまり、資産2,500万円でも十分生活することができるんですよね。

 

生活費が300万円必要なのであれば、200万円分の配当金=資産5,000万円あれば、年間100万円程度の労働で済みます。

 

セミリタイア後はがっつり働くわけではないので、大きな収入は望めませんが、人によっては労働収益だけで生活して配当金の収入はそのまま再投資する人もいますね。

少なくとも、生活費が少ないほどセミリタイア実現までは近くなります

 

自分の性格や投資スタイルも理解する

ただ頭で4%ルールをわかっていて、必要な資産が把握していてもセミリタイアできない人もいます。

それは性格によるものです。

 

すでに資産1億円あり、必要生活費が500万円以下であればセミリタイアできるのですが、

 

「まだまだ怖い......」

「絶対またお金が必要になることがある」

 

などお金が必要になる「かもしれない」のことばかり考えて、セミリタイアに踏み切れないのです。

 

そういう人はしっかり4%ルールを理解していない、もしくは自分の生活費を理解していない人がほとんどですが、慎重な人がいることも事実です。

そういう人は、どのくらいの資金が必要か、そしていつまでにセミリタイアするか、ということを決めておきましょう

 

なんとなく投資をしているだけでは、いつまで経ってもセミリタイアに踏み切ることができません。

結局セミリタイアに踏み切れず、ほぼ定年まで働いてしまった......ということもあり得ますし、何よりもお金は墓場へ持っていけないので、お金を貯める、増やすことばかりに囚われないようにしましょう。

 

 

みその場合は1億円が目標

じゃあ、みそはどう考えているのか、と言うと「1億円」を目処にしています。

 

1億円の4%ルールで年間400万円ほどの収入はあります。

多少の労働をするだけでも年間500万円ほどの収入は確保することができます。

今の一人暮らしでも年間200万円あれば十分過ごせるので、セミリタイアできないこともないのですが、結婚や子育てを考えた結果、年間400万円の収入は欲しいと考えました。

 

残りの100万円分はぼくの性格によるものです。

結構慎重なタイプなんですよね。だからこそ「1億円」というキリの良い数字の方が自分の中で納得できるのです。

 

もちろん、もっと多い方が良いとは思っていますよ?

でも、それを考えるとキリがありません。

死ぬまでお金を増やし続けても、墓場にお金は持っていけないので、どこかのタイミングで増やすのではなく、いかに使うかということを考えるのも必要ですね。

 

 

もちろんこの目標を達成するためには、今の本業の給料だけでは到底たどり着けません。

基本的にはローリスクローリターンの長期トレードを行っていますが、ピンポイントで短中期トレードを行い資産を増やす努力もします。

しっかり成績とともにこのブログやYouTubeで伝えていきますね。

 

ぜひ、あなたが本当に必要な資産を考え、その目標に向かって一緒に頑張っていきましょう!

ではでは!

今の働き方に疑問を持つ方へ

老後2,000万円問題、定年の延長、副業の解禁、週休3日制の普及...
すべてはお金の問題で根底はつながっています。

しかし、貯金をしているだけでは、老後のために2,000万円を作るのは簡単ではありません。

その間に物価は緩やかに上昇していき、給料はじわじわ減ってきています。

 

最初こそ、会社員としての生活に何も疑問を感じていませんでしたが、

・頑張っても頑張らなくても給料は変わらない
・人間関係で評価が落とされる
・全国転勤で自分の人生が決められない

会社員としての給料だけではお金の不安はなくなりません。

 

このメルマガでは、

・貯金だけではお金の不安がなくならない理由
・一生お金に悩まされる貧乏思考
・老後2,000万円問題の解決手法

などブログでは書ききれない情報や裏話をお届けしています。

また、今だけ電子書籍を無料でプレゼントしています。
お金の不安を吹き飛ばしたい人は、受け取ってください。

→電子書籍を無料で読んでみる

© 2021 みその資産運用教室 Powered by AFFINGER5