【図解】ウェルスナビの始め方:取引画面や口座情報用語をわかりやすく説明!【ロボアドバイザー】

投稿日:

\先生もウェルスナビを2017年から愛用中!/WealthNavi

 

口座開設した後のウェルスナビの始め方を写真とともに説明していますので、とてもわかりやすくなっていますよ。ぜひ、口座登録前の確認をしてみてください。どのように運用したら良いかわからない人は、ぜひ参考にしてくださいね。

みく
ウェルスナビの口座開設できた!
どうやって始めたら良いのかな?
そうた
ログインから運用方法、見るべき口座情報用語も教えるよ!

パソコンやスマホアプリでウェルスナビにログインすると多くの情報が目に入ります。

この記事では具体的にどうやって始めるのか、見るべきポイント(資産評価額やポートフォリオなど)をお伝えします。

 

ちなみにですが、ウェルスナビの口座開設は済んでいますよね?

まだの方は、こちらの記事を読んでサクッと口座開設をしてしまいましょう。

 

それでは今、アナタの手元にはウェルスナビから「口座開設完了のご案内」の簡易郵便がありますね。

では、実際に口座にログインして、注文まで進めて見ましょう。

\先生もウェルスナビを2017年から愛用中!/WealthNavi

 

ウェルスナビにログインする

まずは、ウェルスナビにログインをしましょう。

【前提】口座開設後の簡易書留を受け取っている

また、口座開設後の簡易書留の郵便を受け取ったメールが届いていなければ、取引を始められないので、簡易書留が届いていない場合は少し待ちましょうね。ただしログインそのものはできるので、どんなメニューになっているかは確認することができますよ。

これでウェルスナビの運用を始めることができます。

証券会社の口座開設と比べるとかなり簡単ですね。パパッとすれば数分で終わってしまう内容です。

 

【初めてのログイン】登録した「メールアドレス」と「パスワード」を用意する

ログインをする際、口座開設したときに自分で決めた「メールアドレス」と「パスワード」が必要になります。

用意できましたら、早速トップページからログインをしましょう。

次にログインIDとパスワードを入力します。

次は入金から運用の始め方までお伝えします。

\先生もウェルスナビを2017年から愛用中!/WealthNavi

 

【パソコンブラウザ版】ログイン・入金・注文方法

そうた
さて、ここからはログインから入金、注文方法まで一気に見ていくよ!

「パソコンブラウザ版」「ウェルスナビ(スマホアプリ)」の2種類の方法でログイン・注文ができますので、それぞれ説明していきます。

おすすめは「ウェルスナビ(スマホアプリ)」です。私はかなり愛用しています。

パソコンブラウザでログインする

みく
まずはパソコンでのログイン方法から説明するね!

先ほどと同様、トップページからログインしましょう。

さて、次は入金をしましょう。

 

パソコンブラウザで入金をする

次に「入金」を行います。下記の画面で「入金」をクリックし、「入金額」と「入金元の銀行」を選択しましょう。

そして「続ける」をクリックしましょう。

ここから先は金融機関の画面に切り替わりますので、最後までブラウザを閉じずに入金作業を行いましょう。

操作を始めた後、必ず最後までブラウザは閉じないようにしましょう。入金が正常に反映しない場合があります

 

ウェルスナビ運用プランを設定する

さて、本題です。ウェルスナビの設定を行いましょう。「ナビゲーション」→「診断」をクリックしましょう。

もちろん診断をしなくても「詳細設定」で細かく設定することができますが、「診断」により自分の投資スタイルを確認しましょうね。

ちなみに「診断」で聞かれることは以下の6つになります(写真ばかりになるので気になる方だけ見てくださいね)

+ 6つの質問を見る

質問に答えると、その人にふさわしいリスク許容度が表示されます。

実際に運用する場合、このリスク許容度によってハイリスクハイリターンからローリスクローリターンまで収益力が大きく変わります。

もし気に入らなければ「詳細決定」でリスクリターンを変更できるので、最後に「プランを決定」をクリックすれば、設定は以上になります。

ただし、これはあくまでもどのような運用をしていくかの設定をしただけです。

このままでは入金された金額だけ運用されますが、積立運用はされないため、必ず「自動積立」を設定しましょうね。

 

ウェルスナビ自動積立を設定する

みく
自動積立設定していないと、毎月積立してくれないよ!

では早速自動積立設定を行いましょう。「積立」→「積立を申し込む」をクリックします。

次に積立コースを選択しましょう。「月1回定額」「月5回定額」「複数回定額」「カスタム』から選べることができ、それぞれ積立額を設定することができます。

もしよく決まっていないのであれば、月1万円程度がおすすめです。初めてであればどのくらいの利益が出るのかわからないので少額から始めた方が良いです。先生も月1万円で運用しています。

間違いなければ確認して「積立を申し込む」をクリックしましょう。

次に自動積立を行う金融機関を選択していきます。それぞれの金融機関をクリックしたら、各金融機関のページに進むため、支持された通り進んでください。

操作を始めた後、必ず最後までブラウザは閉じないようにしましょう。自動積立設定ができていない場合があります

設定したあと、「積立」設定画面にて反映していれば大丈夫です。

これでウェルスナビの積立設定は終了です。あとは実際に引き落としされているかを後日確認しておきましょう。

ウェルスナビの考え方を知りたい方は以下の記事を参考にしてくださいね。

【資産運用初心者向け】ウェルスナビおすすめ設定の考え方を徹底解説!【ロボアドバイザー】

2017年からウェルスナビを運用している先生が「初回入金金額・毎月の積立額・リスク許容度」の選び方や ...

続きを見る

\先生もウェルスナビを2017年から愛用中!/WealthNavi

 

【スマホアプリ版】ログイン・入金・注文方法

みく
最後に「スマホアプリ版」を説明するね!

出かけ先でも気軽に確認できますし、口座状況はスマホアプリの方が見やすいので、ぜひアプリを積極的に使用してください。

スマホアプリ版「ウェルスナビ」をダウンロード・インストールする

「ウェルスナビ」で検索するとトップに出てきますので、まずはダウンロードしましょう。

ダウンロードしましたら、お手持ちのスマホトップページにアイコンが増えていると思います。

さて、次はログインして注文までしてみましょう。

スマホアプリ版トライオートFXでログインをする

先ほどインストールした「ウェルスナビ」を開きましょう。

またログインIDとパスワードを入力して取引画面に進みます。

ログインをすると、「現在の運用状況」の画面に移りますので、日々の確認しやすいですね。

さて、まずは入金を行いましょう。

 

スマホアプリ版「ウェルスナビ 」で入金をする

次に「入金」を行います。下記の画面で下方にある「入金」→「入金元の銀行」をタップしましょう。

次に「入金金額」を入力して、間違いなければ「銀行サイトへ進む」をタップしましょう。

このあと各銀行サイトに進みます。

操作を始めた後、必ず最後までブラウザは閉じないようにしましょう。入金が正常に反映しない場合があります

 

ウェルスナビ運用プランを設定する

さて、本題です。ウェルスナビの設定を行いましょう。「その他」→「ナビゲーション」→「診断スタート」をタップしましょう。

もちろん診断をしなくても「詳細設定」で細かく設定することができますが、「診断」により自分の投資スタイルを確認しましょうね。

 

ちなみに「診断」で聞かれることは以下の6つになります(写真ばかりになるので気になる方だけ見てくださいね)

+ 6つの質問を見る

※パソコンブラウザで見るのと同じ質問なため画像は同じものを使用しています。

質問に答えると、その人にふさわしいリスク許容度や運用のシミュレーションを見ることができます。

 

実際に運用する場合、このリスク許容度によってハイリスクハイリターンからローリスクローリターンまで収益力が大きく変わります。

もし気に入らなければ、再度診断することもできますし、「その他」→「ナビゲーション」→「詳細決定」で細かなリスクリターンを変更できます。これでよければ「決定する」をタップしましょう。

このままでは入金された金額だけ運用されますが、積立運用はされないため、必ず「自動積立」を設定しましょうね。

 

ウェルスナビ自動積立を設定する

みく
自動積立設定していないと、毎月積立してくれないよ!

では早速自動積立設定を行いましょう。「積立」→「+」をタップします。

次に積立コースを選択しましょう。「月1回定額」「月5回定額」「複数回定額」「カスタム』から選べることができ、それぞれ積立額を設定することができます。

もしよく決まっていないのであれば、月1万円程度がおすすめです。初めてであればどのくらいの利益が出るのかわからないので少額から始めた方が良いです。先生も月1万円で運用しています。

間違いなければ確認して「引落設定をする」をタップしましましょう。

次に自動積立を行う金融機関を選択していきます。それぞれの金融機関をクリックしたら、各金融機関のページに進むため、支持された通り進んでください。

操作を始めた後、必ず最後までブラウザは閉じないようにしましょう。自動積立設定ができていない場合があります

設定したあと、「積立」設定画面にて反映していれば大丈夫です。

これでウェルスナビの積立設定は終了です。あとは実際に引き落としされているかを後日確認しておきましょう。

ウェルスナビの考え方を知りたい方は以下の記事を参考にしてくださいね。

【資産運用初心者向け】ウェルスナビおすすめ設定の考え方を徹底解説!【ロボアドバイザー】

2017年からウェルスナビを運用している先生が「初回入金金額・毎月の積立額・リスク許容度」の選び方や ...

続きを見る

\先生もウェルスナビを2017年から愛用中!/WealthNavi

 

(放置でもいいけれど)運用状況を確認しよう

みく
あとはほったらかしにしておいても、十分だね!
そうた
いやいや、運用状況は適宜確認しようね。基本的にやることはなくても相場観が養えるよ!

ウェルスナビのようなロボアドバイザーは基本的に積立設定をして数年から数十年放置する、という運用になるため、毎日見ても仕方がありませんが、気が向いたときにでも見るとプラスマイナスの収益で、今は経済が悪いのか相場が良いのかどうかがなんとなくわかってきます。

そうすれば、「ロボアドバイザーに頼らない自分で判断する投資」ができるようになるので、ぜひ気にかけてみましょう。

積立履歴や利益推移を確認する

これはとても簡単で、ウェルスナビにログインしてすぐに表示されています。

上記のように「円建て」と「ドル建て」で、そしてこれまでの利益推移も見ることができます。

「円建て」ではマイナスなのに「ドル建て」ではプラスになっていますね。このことから先生がウェルスナビを運用した時よりも円高が進んでいる、ということが1つ推測することができます

ちなみにパソコンブラウザでも同じように見ることができますよ。

毎日見るものではないですが、例えばニュースでアメリカの選挙があった、急激に円高が進んでいる、というようなニュースを聞いたときに、見てみるととても勉強になりますし、新しい発見があるかもしれませんよ。

 

ポートフォリオを確認する

これはとても簡単で、「ポートフォリオ」というタブがあるので、すぐに表示することができます。

自分が何に投資をしているのか詳しくみることができますし、内訳のプラスマイナスから世界の現状を知ることができます。

上図の状況であれば、日本や新興国の成長は下り坂であり、米国株も10万円投資している割に+4,000円ほどといつマイナスに転じてもおかしくない状態です。

一方、金や不動産は投資額の10%の利回りを達成していることを考えると、今は現物資産の方が重要視されていますね。(2019年9月時点)

ただし、運用開始したとき(先生の場合は2017年12月)との比較のため一概には言えません。ただ、一つのことから学べることは多いですよ。

 

さて、ここからウェルスナビに関する疑問点に答えていきますよ!

\先生もウェルスナビを2017年から愛用中!/WealthNavi

 

ウェルスナビの運用に関する疑問点

そうた
ここではウェルスナビを運用していて気になる疑問に答えていくよ!

Q.円建てで見るべき? ドル建てで見るべき?

みく
円建ての方が見やすいけど、実際はどっちで見た方が良いのだろう。

A.どちらかと言えばドル建てで見た方が良いです。

日本人からすると「円建て」の方が見やすいですが、世界で一番利用されている通貨は「ドル」ですよね。

そもそも「円建て」はドル建てリターンに為替の影響を加味したものです。つまり、世界経済における計算の中心となるのは「ドル」になります。

特に日本がこれから人口が減少していくため、経済は弱くなっていくという予測があります。そうなると必然的に円の価値も低くなっていきます。

世界経済の中心的通貨が「ドル」である限りは「ドル建てで」見るべきです。

 

Q.リスク許容度って途中で変えても大丈夫?

みく
うーん、リスク許容度が低すぎて退屈だから変えたいな。。。

A.変えても良いです。ただ、その理由を自分に説明できて、納得できる場合です。

リスク許容度って簡単に変えることはできます。

しかし、利益が少ないからな変える、そうすれば利益は大きくなるのでしょうか?

利益が大きくなる可能性があるということは、損失が大きくなる可能性もあるということです。

 

今一度リスク許容度を決めたときを思い出してください。

診断で決めたのであれば再度診断してみるのも良いでしょう。

初めの1年は様子見、それ以後に変えると考えていたのであれば、タイミングを見て変えるのも良いでしょう。

他にも多く投資をしていて分散投資ができているから、積極的にリスクリターンを狙うのであればそれも戦略でしょう。

利益が出ないからなんとなく変える、はやめておきましょうね。

 

そうた
最後まで読んでくれてありがとう!
注文や取引方法もわかったし、あとは口座開設して挑戦するだけだね!

もし口座開設がまだなのであればさっさと済ませてしまいましょう。いざウェルスナビを始めようとしても口座開設には最低でも数日かかってしまします。無料申し込みは数分で終わるのでパパッとできますよ(^ ^)

\先生もウェルスナビを2017年から愛用中!/WealthNavi

 

ウェルスナビに関する記事はこちらから

そうた
①から順番に読んでいくとウェルスナビの理解がしやすいよ!

①ウェルスナビについて学ぶ
【評判・口コミ】ロボアドバイザー ウェルスナビとは? メリットやデメリットを解説!
②ウェルスナビの設定の考え方を学ぶ
【資産運用初心者向け】ウェルスナビおすすめ設定の考え方を徹底解説!
③ウェルスナビの無料口座開設をする
【図解】ウェルスナビ 口座開設・登録方法【ロボアドバイザー】
④ウェルスナビの注文方法や口座管理画面を確認する
【図解】GMOクリック証券・イギリス100注文方法・取引画面や口座情報用語をわかりやすく説明!

\先生もウェルスナビを2017年から愛用中!/WealthNavi

 

-ウェルスナビ

Copyright© みくとそうたの資産運用教室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.